本文へ移動

環境への取組み

SDGsの取り組み

オイレス東日本販売株式会社はオイレス工業株式会社の指針・目標に則り、企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。オイレスグループのCSRの考え方については、オイレス工業のCSRレポートをご覧ください。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 人や国の不平等をなくそう
  2. 住み続けられるまちづくりを
  3. つくる責任つかう責任
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 海の豊かさを守ろう
  6. 陸の豊かさを守ろう
  7. 平和と公正をすべての人に
  8. パートナーシップで目標を達成しよう

当社の取り組みについて

ワークライフバランスへの積極的な取り組み

・福利厚生の充実
・産休/育休制度の積極的活用
・労働時間の削減/働き方の選択の増加
・従業員の安全確保
・感染予防の徹底

節電/事務所内における廃棄物の抑制

・紙の使用量の削減
・こまめな消灯など、従業員の意識の徹底
・社有車のエコカー使用



廃棄プラスチックを減らし、環境配慮型素材への代替活動

・木製品やリサイクル製品の使用
・物流事業所内における梱包資材等の再利用や削減
・BCP説明会への参加や社内認知度を高める活動
TOPへ戻る