オイレスベアリングって?

TOP > オイレスベアリングって?

新時代を切り開く オイレスベアリング

オイレスベアリングとは、「給油量、給油回数を少なくできる」または「無給油」で使用できる自己潤滑性を保持したすべり軸受です。
一般のすべり軸受では、性能を維持できない厳しい条件下でも、オイレスベアリングは、優れた耐久性と性能安定性を発揮し、さまざまな分野で活躍しています。
また、オイレスベアリングは、「無給油軸受」の代名詞の1つとしても呼称されており、オイレス工業(株)の登録商標です。

人にやさしく、機器と地球環境を守る−オイレスベアリング

オイレスベアリングは、

  • 長時間にわたるメンテナンスフリー状態での使用
  • 潤滑油の劣化や枯渇がおこる分野
  • 高・低温など過酷な環境下

など、一般のすべり軸受では早期に焼き付くか、著しく摩耗することが予測される箇所で使用すると大きな効果を発揮します。

機械や機器の小型化、軽量化、高性能化、長寿命化、省力化、無公害化といった性能向上をはじめ、油の消費量が少量であること、回収・廃棄が不要になり省資源を実現できることで、職場環境の汚染をおさえ地球環境を守る軸受として、広く活躍しています。

近年の環境規制は地球規模で始まり、オイレス工業(株)はいち早くこの研究開発に取り組みました。
「RoHS規制」や「ELV規制」に対応した「鉛フリー」製品の販売を、業界に先駆けて行っています。

オイレス工業(株)が開発生産するオイレスベアリングは、自己潤滑性を保持したプラスチック軸受、金属軸受、複合・複層軸受があり、すべり軸受の全ての分野をカバーしています。
オイレス工業(株)が四半世紀にわたって取り組んでいる“NPS生産方式”は、リードタイムが短縮したことにより、多品種少量生産を可能にしました。
オイレス標準品の多品種化と多サイズ化は群を抜き、世界有数の品揃えを実現しています。

このページのトップへ


  • お問い合わせ